• ホーム
  • ゾビラックスを購入するときには軟膏と内服薬のどちらを選ぶのが良い?

ゾビラックスを購入するときには軟膏と内服薬のどちらを選ぶのが良い?

2020年03月15日
落ち込む男性

ゾビラックスはヘルペスの治療薬として用いられるわけですが、軟膏と内服薬と種類が分かれています。どちらにしてもヘルペスウイルスの根治をすることはできませんが、ウイルスの増殖を防ぐことは可能です。増殖を防ぐことで症状を悪化させること無く、水ぶくれなどを解消することができます。軟膏を使っても内服薬を使っても治療に役立てることは可能になります。

軟膏を用いる時には外側から患部に対して塗布することで、症状を抑える効果があるということです。どちらかというと軽度の症状で再発の可能性が少ない場合に使用されることが多いです。症状が局所的でひどくないという時に用いると治療効果が高くなります。

内服薬を用いる時には体の内側から患部に対して効果を出すことができます。皮膚や粘膜に起きている水ぶくれだけでなく、神経に隠れているウイルスの増殖を防ぐことが可能です。症状が広がったりひどくなったりした場合であっても、内側から効果を出すことができるために、軟膏よりも効果があると言ってもいいでしょう。

一般的にゾビラックスを手に入れるためには、医師から処方してもらう必要があります。一般のドラッグストアなどでは購入することができないため、医師から処方してもらうことで薬の飲み方などの指導をしてもらうことができます。間違った飲み方をすると副作用が起こるリスクを高めることになりますので、間違いが無いように服薬指導を行って行かなければいけないです。そのために、医師から処方してもらう必要があるということです。

ヘルペスは再発するリスクがとても高いために、そのたびに医師から処方してもらうのは面倒くさいということがあります。そういう場合に、個人輸入通販サイトにてゾビラックスを手に入れるというのはいいことです。ゾビラックスがどのような薬で、どのように服用するのかを熟知しているのであれば、いつ再発するのかわからないために、念のために個人輸入通販サイトにて購入するというのはアリです。

個人輸入通販サイトとは海外医薬品を海外から個人輸入を代行するサイトで、通販と同じような要領で購入することができるとても便利なサイトになります。ゾビラックスなどは病院の処方箋が無いと手に入ることができませんが、こういうサイトを利用することで処方箋が無くても購入することができます。しかも、病院で手に入れるよりも安価で購入することができるという点でメリットが高いです。