• ホーム
  • 性器ヘルペスは水ぶくれを触るだけで感染が広がることがあるので注意!

性器ヘルペスは水ぶくれを触るだけで感染が広がることがあるので注意!

2020年03月18日
紙の上にある薬

性器の周りに水ぶくれができることを性器ヘルペスと言いますが、この病気は他人にうつしてしまう可能性があるという点でとても厄介です。性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが原因で発症する病気で、このウイルスが他の人へと感染してしまうことによって、人から人へとうつるということが十分あり得ます。もし、性器ヘルペスにかかっていることが分かったのであれば、病院に行って治療を行うべきです。

性器ヘルペスは性器に水ぶくれができるわけですが、その部分を触って他人にウイルスを感染させることでうつしてしまうという点で気を付ける必要があります。触った水ぶくれには当然ヘルペスを引き起こすウイルスが付着しているわけですので、それを他人が触ることでヘルペスにかかるという可能性が出てくるということです。他人に感染するリスクがありますので、きちんと治療に励むべきでしょう。

性器ヘルペスの水ぶくれを触る機会があると言えば、性交渉以外にありません。性交渉で水ぶくれに触れてしまうと性感染症として自分も感染してしまいます。感染してしまった場合には、自分たちも性器ヘルペスにかかるということになりますので、それを防ぐためにも性器ヘルペスにかかっていることが分かっているのであれば、絶対に性交渉をしないということを肝に銘じてください。性交渉が原因として他人にどんどんうつしてしまうというのは、決してやっていいことではありません。

単純ヘルペスウイルスが原因となるものとして、性器にできるものと共に唇にできるものがあります。オーラルセックスなど性器にできた水ぶくれを触れてしまって、それをそのまま唇を触ることによって口唇ヘルペスにかかるということも十分にあります。自分自身で別の部位に感染が広がるということも十分にありますので、仮に水ぶくれを触ってしまうことがあったのであれば、その後はすぐに手を洗いましょう。仮に患部を触ったとしてもすぐに手を洗うことによって、感染を広げるリスクを抑えることに繋がります。

性器ヘルペスは1度発症してしまうと、再発しやすい病気になりますので、体調管理には十分に気を付けた方がいいです。患部がピリッとしたりする時にはすぐに薬を飲んだりして再発を防ぐということが重要になります。再発してしまうとふたたび水ぶくれができるということですので、それに触れてしまうことで感染が広がってしまいます。再発したとしても感染が広がらないように気を付けてください。